スクエアタイプの特徴

スクエアタイプのフレームにはどんな特徴がある?

スクエアタイプとは、横長の長方形の形をしたメガネフレームのことです。角張ったタイプや角が丸みを帯びているタイプなど様々な種類があります。メガネフレームの定番とも言われるオーソドックスなタイプで、男女問わず愛好者が多いのも特徴です。スクエアタイプのフレームの四角さは、真面目さや誠実さなどきちんとした雰囲気を演出してくれるのにピッタリです。もちろんカジュアルな場面でも問題なく使用できますが、どちらかというとビジネスの場面やフォーマルな場面とよく合います。また、フレームのレンズ幅が広いため視野をしっかりと確保することができます。運転やスポーツなど視野を確保したいシーンにもピッタリのメガネフレームです。

スクエアタイプのフレームがおすすめの人とは?

スクエアタイプのフレームは、比較的顔のタイプをあまり選ばない定番フレームのひとつと言われていますが、スクエア型の角部分が丸い輪郭を引き締めてスッキリと見せてくれるので特に丸型の顔の方におすすめです。フレームを選ぶときには、縦幅が狭く細めのフレームのものを選ぶとよりシャープな印象を与えることができます。また、レンズ上部にのみフレームがあるハーフリムもおすすめです。フレームの上部にだけアクセントをつけることで、丸顔を細長く見せてくれる効果があります。また、面長の人にもスクエアタイプはよく似合います。面長の人におすすめなのは、縦幅が広めのスクエアフレームです。縦幅が広めのフレームを選ぶことで、顔の長さをカバーし小顔に見せてくれる効果が期待できます。