丸顔タイプに合いやすいメガネとは

丸顔の人に似合うメガネの条件

メガネ選びで大事なポイントとして、原則、自分の顔の形とは違うタイプのデザインフレームを選ぶとよいです。丸顔の人がメガネをかけた時、顔自体に丸みがあるため、その丸さを強調しないタイプのフレームが自然に見えます。角のあるタイプのデザインなら丸顔にシャープさがプラスされ、フェイスラインがすっきりとした印象になります。丸顔の人は全体的な印象が曲線的で柔らかなので、直線的なものと組み合わせるとキリっと引き締まり、表情の印象を美しく見せることができます。フレームが上部のみか下部のみの物や、フレーム自体の無い物も似合います。丸みのあるデザインではなく、顔の丸みを抑えてバランスよく見せることができる物を選ぶとよいでしょう。

丸顔に似合うのはシャープなラインやフチなしメガネ

顔の丸さをシャープに見せるような形のフレームとしては、例えば「スクエアタイプ」ですと横長直線的なデザインなので、知的でスタイリッシュな印象となります。ベーシックな型なので流行や年齢性別に左右されないため、飽きが来ず長く使うことができます。「ハーフリム」はレンズの上半分にのみリム(レンズを固定している部分)があるデザインで、レンズ下部分にリムがないため顔上にラインが入らず、顔周りがすっきりした印象になります。上のリム部分のラインで顔が上下に分かれて見えるため、丸顔の人にとってはメリハリができ、顔全体がバランスよく見えます。「ツーポイント」はいわゆる「フチなしメガネ」のことで、フチが無いためかけている感じが薄く、ナチュラル感が高まります。顔の丸さが強調されることなく、丸顔の柔らかな印象のみ残して使うことができます。